Recommended template

日付取得&日付計算
今回のカスタマイズで出来ること 入力した開始日と年数を元に、終了日を計算します アプリの準備 サンプルアプリとして以下のフィールドを作成しました。 スケジュール登録 フィールド名 フィールドコード フィールドタイプ 開始日 開始日_コード 日付 年数 年数_コ...
Mon, May 20, 2019 at 3:48 PM
一覧画面でフィールド集計
一覧画面を表示した時に、表示されているレコードと全レコードの2つの合計値をメニュー下に表示します。 今回のカスタマイズで出来ること 表示されているレコードの特定フィールドの合計値を表示します 全レコードの特定フィールドの合計値を表示します          アプリの準備 サン...
Wed, Apr 3, 2019 at 7:41 PM
レコード一覧から複数レコードのコピーや値の一括更新
一覧画面で選択した複数レコードのコピーと、値を指定しての一括更新ができるようになります。 今回のカスタマイズで出来ること 一覧画面で選択した複数レコードをコピーできます 複数選択のチェックボックスなどの値もコピーされます 添付ファイルはコピーできません 一覧画面で選択し...
Wed, Apr 3, 2019 at 7:41 PM
絞り込み条件付きルックアップ
標準のルックアップでは、ルックアップ元を絞り込む条件は固定値しか設定出来ません。 そこで、表示している値を元に絞り込むカスタマイズを作成します。 今回のカスタマイズで出来ること ラジオボタンで選択した項目でルックアップで表示するレコードを絞り込みます アプリの準備 ルックアッ...
Thu, May 16, 2019 at 12:04 PM
ボタン1つでルックアップ元にレコード追加
通常だと、ルックアップをした時に登録がなかった場合は、ルックアップ元アプリを開いてレコードを追加した後に、再度ルックアップ先アプリに戻ってルックアップしないといけません。 そこで、ルックアップ先アプリから、ルックアップ元アプリにレコードを追加するボタンを追加してみます。 今回のテンプレート...
Thu, May 16, 2019 at 12:03 PM
ルックアップで複数選択レコードをテーブルへ追加
顧客マスタからのルックアップなど、通常のルックアップでは単一レコードのみ取得します。ここでは納品伝票のような、テーブルに複数レコードを追加するカスタマイズを作成します。 今回のカスタマイズで出来ること ルックアップで選択したレコードをテーブルに追加します アプリの準備 ルックアップ元...
Thu, May 16, 2019 at 12:01 PM
郵便番号から住所への変換&Google マップへのリンク作成
郵便番号を入力すると住所へと変換します。また、住所が変更されると緯度経度を取得して、Google マップへのリンクを生成します。 今回のカスタマイズで出来ること 郵便番号を入力すると住所を取得します 住所が入力されると緯度経度を取得します 緯度経度を元にGoogle マップへのリンクを...
Mon, May 20, 2019 at 5:43 PM
レコード再利用時に値クリアと添付ファイルコピー
レコードの再利用ではフィールドの値がコピーされた状態で表示されますが、その際に一部のフィールドだけ値をコピーします。また、通常ではコピーされない添付ファイルをコピー出来るようにします。 今回のカスタマイズで出来ること 指定したフィールドのみ値をコピーします 添付ファイルをコピーしたレコードを...
Wed, May 15, 2019 at 5:54 PM
指定日付範囲をループしてレコード作成
指定日付範囲の日別にレコードを作成したり、何かの条件に合うデータだけを連続で処理したいケースは色々とあると思います。 Customineではループ処理は無いのですが、「フィールドの値を編集して値が変わった時」を利用すると擬似的にループ処理を作成することができます。 今回のカスタマイズで出来ること ...
Wed, May 15, 2019 at 3:23 PM
複合キーで重複チェックをレコード保存時に実行
複数フィールドの値を組み合わせた複合キーで重複禁止を実現します。レコードが既にあるかを調べてチェックするので、標準機能を利用する場合のようなチェック用フィールドは追加しません。 今回のカスタマイズで出来ること 複数のフィールド値を組み合わせた複合キーで重複禁止を実現します 今回は保存時にチェッ...
Mon, Apr 8, 2019 at 12:03 PM