一覧画面で選択した複数レコードのコピーと、値を指定しての一括更新ができるようになります。



今回のカスタマイズで出来ること

  • 一覧画面で選択した複数レコードをコピーできます

    • 複数選択のチェックボックスなどの値もコピーされます

    • 添付ファイルはコピーできません

  • 一覧画面で選択した複数レコードの特定フィールドを同じ値で書き換えます

    • 書き換えられるのは1フィールドのみです

    • 複数選択のチェックボックスには1つの値のみ指定出来ます



アプリの準備

サンプルアプリとして以下のフィールドを作成しました。


フィールド名

フィールドコード

フィールドタイプ、他

文字列 (1行)

文字列__1行_コード

文字列

ラジオボタン

ラジオボタン_コード

ラジオボタン

チェックボックス

チェックボックス_コード

チェックボックス

添付ファイル

添付ファイル_コード

添付ファイル



詳細画面での表示は次のようになります。


カスタマイズ後の一覧画面はチェックボックスが付きます

Customineの設定

全体の流れはこのようになります。


一覧画面を表示した時の処理

チェックボックス列の追加と、メニュー位置にボタンを2個配置します。



「レコードコピー」ボタンを押した時の処理

「一覧で選択されたレコードを取得する」で、チェックボックスで選択したレコードのみを取得します。次に「レコードを書き出す」で、そのレコードを新規追加します。


これだけでレコードは追加されているのですが見た目では変化が分からないので、最後に「画面をリロードする」を実行して最新の状態にします。


「レコードを書き出す」のマッピングでコピーするフィールドを指定できるので、コピーしたくないフィールドは空欄にしておけば初期値が入ります。



「一括更新」ボタンを押した時の処理

「一覧で選択されたレコードを取得する」でチェックボックスで選択したレコードのみを取得します。次に「入力ダイアログを表示する」で、更新する内容を入力します。

入力ダイアログでOKを押すと、「レコードを書き出す」でレコードを更新します。マッピングでは、入力ダイアログで入力した値をセットするようにしています。書き出しが終わると、追加の時と同じようにリロードします。






まとめ

レコードコピーでは選択したレコードの内容だけではなく、固定値を設定することも可能です。

一括更新は1フィールドのみの更新ですが、入力ダイアログを複数繋げることで複数フィールドの更新も可能になります。

機能を追加するのも簡単ですので、用途に合わせてお使いください。