標準のルックアップでは、ルックアップ元を絞り込む条件は固定値しか設定出来ません。

そこで、表示している値を元に絞り込むカスタマイズを作成します。


今回のカスタマイズで出来ること

  • ラジオボタンで選択した項目でルックアップで表示するレコードを絞り込みます


アプリの準備


ルックアップ元を「顧客マスタアプリ」、ルックアップ先を「訪問記録アプリ」として作成します。


今回は、ルックアップ元の「顧客マスタアプリ」に以下のフィールドを作成しました。


フィールド名

フィールドコード

フィールドタイプ、他

顧客コード

顧客コード_コード

文字列、重複禁止

顧客名

顧客名_コード

文字列

種別

種別_コード

ラジオボタン

電話番号

電話番号_コード

リンク

住所

住所_コード

文字列



スペース
(要素ID:lookup)





ルックアップ先の「訪問記録アプリ」には、値をコピーするフィールドに加えて 訪問記録 というフィールドも作成しておきます。絞り込み条件にはラジオボタンを用意します。

Customineの設定

全体の流れはこのようになります。




追加・編集画面を表示した時の処理

スペース(lookup)にボタンを追加します。




ボタンを押した時の処理

絞り込み条件のラジオボタンの値を元に、レコードを取得します。その後に取得したレコードをポップアップ表示します。ポップアップは単一選択です。




ダイアログで選択してOKを押した後の処理


コピーするフィールドの数だけ、「フィールドに値をセットする」を用意します。それぞれは並列処理が可能です。



まとめ

絞り込み条件は、文字列フィールドも利用可能ですがクエリの作成でちょっとしたコツが必要になりますので、別のテンプレートで紹介したいと思います。

また、2019年3月時点(gusuku Customine Ver.1.43.1)では、チェックボックスは条件としては利用できません。ご注意ください。