今回は、満を持して登場したレコードのロック機能を利用したカスタマイズをご紹介します!


時間をかけてたくさんのフィールドに入力・編集し、やっとのことで保存ボタンを押したら、

「レコードを再読み込みしてください。編集中に、ほかのユーザーがレコードを更新しました。」

と表示され、レコード保存できなかった。

こんな悲しい思いをした記憶、みなさんお持ちではないでしょうか?


同じレコードを複数人で同時に編集してしまう事によって起きるこのエラーを、編集中のレコードをロックする「やること」「条件」を組み合わせて使う事で回避することができます!


YouTubeでもデモ動画を公開していますので、是非ご覧ください。

kintoneのレコード同時編集ロック~gusuku Customine~


なお、Customineの基本的な事柄は、こちらの「はじめてのカスタマイズ」をご参照ください。


レコードロックの基本


編集中のレコードをロックする方法:


やること「レコード編集画面をロックする」と条件「レコード編集画面をロックすべき時」をセットで使用します。

この1アクションだけで、レコードロックのカスタマイズは完了です。



カスタマイズを反映したアプリで、同じレコードを同時に編集してみます。



二条次郎さんでログインし、レコードの編集画面に進みます。

すると、下記のような「レコードのロック中」と書かれたポップアップが表示され、レコードがロックされます。



他に誰もこのレコードを編集しておらず、ロックに成功すればそのままレコードの編集が可能です。

編集中画面は、このまま表示しておきます。



次に、同じレコードを別の画面で開いてみます。

「このレコードは 二条次郎 さんが編集中なので同時に編集はできません。」と表示され、強制的に詳細画面に戻されます。

ロックに成功した、編集中の二条次郎さんの編集が終わるまでは、このレコードを編集することはできなくなりました。



なお、一覧画面で鉛筆マークをクリックして編集する場合も、同様にロック/ロック解除が行われます。



ご利用の際の注意点は下記です。



レコードのロック状態の表示方法:


レコード編集画面をロックする」だけでレコードのロックはできますが、編集ボタンを押してみないとそのレコードがロックされているかどうかわからないため不便です。

こういった場合は、レコードのロック状態を表示する「やること」をご利用ください。



レコードが「ロックされている/されていない」を表示するためのやることは下記の2つです。


上記のカスタマイズ例では、メニュー位置にロック状態を表示します。

なお、それぞれ表示場所が異なるだけで、同じ情報が表示されます。

下記は、「レコードのロック状態をメニュー位置に表示する」の場合です。


編集可能な時:



編集不可の時:


なお、「レコードのロック状態をスペースに表示する」はスペースを設置した位置に表示されます。



スペースを設置した位置にロック状態が表示されます。




利用の際の注意点は下記です。


カスタマイズが作成できたら「kintoneアプリへ登録」し、動作を確認してみてください。


まとめ

レコードロックのカスタマイズ、いかがでしたでしょうか?

複数のユーザーが同じレコードを編集するアプリで、きっとお役立ていただけると思います!

とってもシンプルなカスタマイズで実現できますので、是非試してみてくださいね。