ここでいう「コンソール」とはウェブコンソールのことです。


各ブラウザで開発者ツールを表示させ、その中のコンソールタブで確認することができます。


Microsoft Edgeの場合


メニュー>開発者ツール



開発者ツールの中のコンソールタブをクリックすると表示されます。




画面が更新されてもログがクリアされないように設定したい場合は、コンソール画面で「ログを保持」にチェックしてください。


google Chromeの場合


メニュー>その他のツール>デベロッパーツール



Consoleタグをクリックすると表示されます。




画面が更新されてもログがクリアされないように設定したい場合は、Preserve logを指定します。

コンソール画面で、歯車のアイコンをクリックし、Console settingsを開きます。


いくつか設定が出てきますので、その中からPreserve logにチェックを入れてください。



Firefoxの場合


メニュー>ウェブ開発>開発ツール




コンソールタブをクリックすると表示されます。


画面が更新されてもログがクリアされないようにしたい場合は、コンソール画面で歯車のアイコンをクリックし、「永続ログ」にチェックしてください。



Internet Explorer 11の場合

メニュー>F12 開発ツール



コンソールタブをクリックすると表示されます。



画面が更新されてもログがクリアされないように設定したい場合は、コンソール画面で「ナビゲーション時にクリア」をオフにします。

アイコンをクリックし、未選択の状態にしてください。




Safariの場合


まず、メニューバーに「開発」メニューを表示する必要があります。

Safari>環境設定>詳細 を選択し、「メニューバーに”開発”メニューを表示」を選択します。


開発メニューが表示されたら、メニュー内の JavaScriptコンソールを表示 を選択します。

 


コンソールタブをクリックすると表示されます。


画面が更新されてもログがクリアされないように設定したい場合は、コンソール画面で「ログを保持」にチェックしてください。