ここでいう「コンソール」とはウェブコンソールのことです。


各ブラウザで開発者ツールを表示させ、その中のコンソールタブで確認することができます。


Microsoft Edgeの場合


メニュー>その他ツール>開発者ツール



開発者ツールの中のコンソールタブをクリックすると表示されます。

画面が更新されてもログがクリアされないように設定したい場合は、コンソール画面で右上のギアアイコンをクリックして、「ログの保持」にチェックしてください。


コンソールログをファイルとして保存したい時は以下のように操作ください。

  1. ログが表示されている場所の、どこでもよいので右クリックしてください
  2. メニューが表示されますので、「名前を付けて保存」を選択し、場所を選ぶダイアログで任意の場所を選んでファイルを保存してください
    ※このとき、1度保存するだけで画面に表示されているすべてのログが1つのファイルに保存されますので、1行ずつ保存する必要はありません。



google Chromeの場合


メニュー>その他のツール>デベロッパーツール



Consoleタグをクリックすると表示されます。


コンソールログをファイルとして保存したい時は以下のように操作ください。

  1. ログが表示されている場所の、どこでもよいので右クリックしてください
  2. メニューが表示されますので、「名前を付けて保存」を選択し、場所を選ぶダイアログで任意の場所を選んでファイルを保存してください
    ※このとき、1度保存するだけで画面に表示されているすべてのログが1つのファイルに保存されますので、1行ずつ保存する必要はありません。




画面が更新されてもログがクリアされないように設定したい場合は、Preserve logを指定します。

コンソール画面で、歯車のアイコンをクリックし、Console settingsを開きます。


いくつか設定が出てきますので、その中からPreserve logにチェックを入れてください。


デベロッパーツールを日本語表示に設定されている場合は、以下のように「ログを保持」と表示されます。



Firefoxの場合


メニュー>その他ツール>ウェブ開発ツール




コンソールタブをクリックすると表示されます。



コンソールログをファイルとして保存したい時は以下のように操作ください。

  1. ログが表示されている場所の、どこでもよいので右クリックしてください
  2. メニューが表示されますので、「すべてのメッセージをファイルに保存」を選択し、場所を選ぶダイアログで任意の場所を選んでファイルを保存してください
    ※このとき、1度保存するだけで画面に表示されているすべてのログが1つのファイルに保存されますので、1行ずつ保存する必要はありません。


画面が更新されてもログがクリアされないようにしたい場合は、コンソール画面で歯車のアイコンをクリックし、「永続ログ」にチェックしてください。


Safariの場合


まず、メニューバーに「開発」メニューを表示する必要があります。

Safari>環境設定>詳細 を選択し、「メニューバーに”開発”メニューを表示」を選択します。


開発メニューが表示されたら、メニュー内の JavaScriptコンソールを表示 を選択します。

 


コンソールタブをクリックすると表示されます。


画面が更新されてもログがクリアされないように設定したい場合は、コンソール画面で「ログを保持」にチェックしてください。


コンソールログをファイルとして保存したい時は以下のように操作ください。

  1. ログが表示されている場所を一度クリックしてから、command + A で表示されているすべてのログを選択してください
  2. 選択されたログの上で右クリックし、「選択部分を保存」をクリックし、任意の場所にファイルを保存してください