アプリスロットは、基本的にはカスタマイズを適用するkintoneアプリの数になります。

以下に例を示します。


例:

  • アプリ:5個
  • カスタマイズ:各アプリに入っている

→アプリスロットは5つ必要


  • アプリ:1個
  • カスタマイズ:1アプリに対して複数種類カスタマイズが入っている

→アプリスロットは1つで良い


  • アプリ:2個 ※ルックアップや関連レコードなどで紐付いているAとBという2つのアプリ
  • カスタマイズ:アプリAにのみ入れている

→アプリスロットは1つで良い


少し複雑な例


  • 接続したkintone環境にある、全てのアプリをCustomineに登録した
  • ただしまだ1つもカスタマイズを入れていない

→まだアプリスロットは消費していません。いづれかのアプリに初めてカスタマイズを登録した段階で、1つ消費されます。


  • アプリAからレコードを取得して、アプリBにコピーするというカスタマイズを、アプリBに入れている

→アプリスロットは1つで良い


  • アプリAからレコードを取得して集計後、アプリCにコピーするというカスタマイズを、アプリBに入れている

→アプリスロットは1つで良い


  • アプリAと、ポータルのカスタマイズの2つのカスタマイズを利用している

→アプリスロットは2つ消費されます。ポータルも1つのアプリとみなされカウントされます。