実行時間が足りなくなりそうな場合

確保した時間の残りが20%を切ると自動的にメールで通知するようになっていますので、通知メールに注意するようにしてください。

なお通知メールは確保した時間の残りが20%を切ると、1日1回送られるようになります。


またタスク実行中に割り当て実行時間を超過した場合でも、そのタスクは強制終了とはならず、タスクの終了までは動作いたします。


その上で、次のタスク起動時に実行時間を超過していた場合、次のタスクは実行できない状態となります。また実行時間を超過した状態でタスクを実行すると、実行エラーであることがメールで通知されます。


メールが来たらどうすればいいの?

通知メールが来た場合、Job Runnerへのアプリスロット割り当てを増やして頂くと、メールが送られなくなります。

スロット割り当ての増やし方については次の記事も併せてご確認ください。

Job Runnerを利用するとき、初めにすること : ジョブへのスロット割り当てについて


なお、プランによってアプリスロットのJob Runnerへの割当可能数の上限がございますので、割当可能な上限まで割当をしていただいている場合は併せてプランのアップグレードが必要となります。
※例えば年額4の場合は1アプリスロット、年額10の場合は4アプリスロットとなります。


こちらについての詳細は、次の記事の「[Job Runner]プラン別割当可能アプリスロット数」という箇所も併せてご確認ください。
アプリスロットの考え方・数え方 : gusuku support


追加の注意点

併せてとなりますが、全体の実行時間とは関係なくJob Runnerの1処理での最大実行時間は15分となりますので、ご注意ください。


この注意点については、次の記事も併せてご確認ください。

Jobの実行が15分越えたらどうなりますか?