Customineを使ったカスタマイズで、「kintone API呼び出しがエラーになりました」というエラーダイアログが出ることがあります。これを解決するには、kintone側・Customine側いずれかの設定を修正する必要があります。


以下に、代表的エラーメッセージ例と、これらのエラーの対応方法をご紹介します。


入力内容が正しくありません。

Code: CB_VA01

record.フィールドコード.value: 必須です

原因

レコードを追加・更新する「やること」を実行した際に、必須入力のフィールドに値がセットされていない。

対応方法

kintone側の設定で「必須項目にする」の指定がされているフィールドは、Customineのカスタマイズで追加・更新する際にも必須のフィールドになります。

必須チェックを行う」のようなエラーチェックを追加するか、必ず何らかの値が入るようなカスタマイズを作成して下さい。


より詳しい説明はこちらの「「入力内容が正しくありません。records[0].〇〇.value: 必須です」というエラーが出ました。」をご確認ください。


ルックアップの参照先から値をコピーできません。「コピー元のフィールド」に指定したフィールドの設定で「値の重複を禁止する」を選択しておく必要があります。

Code: GAIA_LO03

原因

kintone側のルックアップの設定で、「値の重複を禁止する」の設定がされていない。

対応方法

kintone側のルックアップの設定を変更する必要があります。

詳しい説明はこちらの「「ルックアップの参照先から値をコピーできません」というエラーが出ました。」をご確認下さい。


入力内容が正しくありません。

Code: CB_CA01

records[0].フィールドコード.value: 値が他のレコードと重複しています。


原因

レコードを追加・更新する「やること」を実行した際に、エラーメッセージの「フィールドコード」でセットされた値が、他のレコードと重複している。


対応方法

カスタマイズが実行された時に、「キーを指定してレコードを取得する」などを使用して事前に存在を確認するなど、重複した値が入らないようにして下さい。

より詳しい説明はこちらの「「入力内容が正しくありません。records[0].〇〇.value: 値が他のレコードと重複しています。」というエラーが出ました。」をご確認ください。


入力内容が正しくありません。

Code: CB_CA01

records[日時].value: 日時はISO8601形式の必要があります。

原因

レコードを追加・更新する「やること」を実行した際に、日時のフィールドに文字列を入れたり、数値のフィールドに文字列を入れようとしている。


対応方法

Customineのカスタマイズで、日時・日付・時刻および数値フィールドに文字列をセットしているところで、おかしい値がないか、確認して下さい。

日時系のフィールドであれば以下のような書式である必要があります。

  • 日時 : “YYYY-MM-DDTHH:mm:00+09:00”
  • 日付 : “YYYY-MM-DD”

数値であれば、数値が入った文字列フィールドなどを正しく指定して下さい。


入力内容が正しくありません。

Code: CB_VA01

Query: クエリ記法が間違っています。


原因

Customineの「クエリで条件を指定してレコードを取得する」で指定した「検索条件」の記述方法が間違っています。


対応方法

Customineで作成したカスタマイズの、「クエリで条件を指定してレコードを取得する」の「検索条件」を修正する必要があります。より詳しい説明はこちらの「「クエリ記法が間違っています。」というエラーが出ました。」をご確認下さい。


指定したrevisionは最新ではありません。ほかのユーザーがレコードを更新した可能性があります。

Code: GAIA_CO02


原因

レコードを更新する「やること」で、同じレコードに対して2回以上の更新を同時に実行しようとしています。


対応方法

Customineで作成したカスタマイズを修正する必要があります。より詳しい説明はこちらの「「指定したrevisionは最新ではありません。ほかのユーザーがレコードを更新した可能性があります。」というエラーが出ました。」をご確認下さい。


ステータスの変更に失敗しました。他のユーザーがステータス、またはステータスの設定を変更した可能性があります。

Code: GAIA_IL03

原因

kintoneプロセス管理でステータスがA→B→Cと設定されている状態で、

  • CustomineでA→Cのようにステータスを変更しようとした(kintone上で操作不可能なステータス変更をしようとした)
  • または、Customineで「ステータス変更アクション」に指定したkintoneのプロセス管理アクションを削除した


対応方法

Customineのカスタマイズを、A→B または B→C のステータス変更に修正してください。

または、kintone側の設定で変更したステータスがkintone上に存在する確認してください。


スタータスの更新に失敗しました。指定したアクション(完了する)は複数存在するため、実行するアクションを特定できません。

Code: GAIA_SA03

原因

以下のように、kintoneのプロセス管理の設定で、一つのステータスに対して同じ名前のアクションを複数設定したとき(ここでは「完了する」という名前が重複しています)。 設定した時はエラーにならず、そのアクションを実行しようとしたときにエラーになりますのでご注意下さい。

対応方法

kintoneのプロセス管理の設定で、【アクション名(ボタン名)】で重複が起こらないように設定してください。


レコードの絞り込み条件に指定したユーザー、グループ、または組織が存在しません。削除された可能性があります。

Code: GAIA_IL42

原因

一覧画面の一覧設定にユーザーを指定した絞り込みがある状態で、そのユーザーを削除したとします。この状態でも、kintoneアプリは問題なく動作します。

その後Customineで、「一覧画面にキーワードで検索する検索フォームを設置する」を利用すると、こちらのエラーになります。


対応方法

kintoneの設定で、削除したユーザーを絞り込みの条件に利用している一覧は、削除するか別のユーザーを指定して下さい。


権限がありません

Code: CB_NO02

原因

kintoneの設定で、レコード更新時にレコードのアクセス権限で編集権限が無い場合。


対応方法

kintone側のアクセス権の設定で、Customineのカスタマイズでレコードの更新を実行しようとしているユーザーに、レコードのアクセス権限で編集権限があるかどうか、確認して下さい。

作業者を変更する(現在のレコード)」で「API トークン」を設定した 以外 の場合は、カスタマイズは必ずkintoneにログインしたユーザー(画面を開いているユーザー)の権限で実行されます。


フィールド「ルックアップ」の値「ルックアップ」が、ルックアップの参照先のフィールドにないか、またはアプリやフィールドの閲覧権限がありません。

Code: GAIA_LO04

原因

kintoneの設定で、カスタマイズを実行しようとしているユーザーに、ルックアップの参照先のアプリまたはフィールドの閲覧権限が無い場合に、このエラーが出ます。

また、Customineの「レコードを更新する」系を利用したカスタマイズで、ルックアップフィールドに参照先に存在しない値を記述した際にも、このエラーが出ます。


対応方法

kintoneの設定で、ルックアップの参照先アプリの閲覧権限を確認して下さい。


まとめ

表示されているエラーメッセージから、原因と対応方法をご紹介しました。 これ以外にもkintoneが表示するエラーメッセージは多数ありますので、メッセージの内容をよく読んで対応していって下さい。


何かわからないことがありましたら、チャットサポートまでご連絡下さい。