エラーダイアログを表示して保存をキャンセルする」または「レコードにエラーをセットする」のどちらかを利用することで実現できます。


カスタマイズ例1:エラーダイアログを表示して保存をキャンセルする


キャンセルされたことをダイアログで表示したい場合は、こちらをご利用ください。

下記のようなダイアログが表示され、プロセス管理のステータスが進むのを止めることができます。



まずは、「確認ダイアログを表示する」で「プロセス管理のアクションを実行した時」にダイアログを表示します。

キャンセルボタンが表示されるダイアログを指定しておきます。



やること

キャンセルボタンが押された時にステータスを進めるのを止めたいので「エラーダイアログを表示して保存をキャンセルする」を選択します。

メッセージ入力には「キャンセルされました」、OKボタンはそのまま「OK」としています。


条件

ダイアログでキャンセルが押された時を条件に設定したいので「確認・入力ダイアログで「キャンセル」を押した時」を選択します。

確認・入力ダイアログアクションは「1」を指定しました。


以上で、ダイアログを表示するパターンのカスタマイズは完了です。



カスタマイズ例2:レコードにエラーをセットする


キャンセルボタンを押した後はダイアログは表示せず、画面上部にエラーメッセージを表示し、プロセス管理のステータスが進むのを止めることができます。




確認ダイアログの表示は、カスタマイズ1と同様です。



やること

レコードにエラーがセットされると、プロセス管理のステータスは進みません。

それを利用するため、やること「レコードにエラーをセットする」を選択します。

メッセージ入力には「ステータスを進めてよろしいですか?」と指定しました。

OKボタン、キャンセルボタンの名前は変えていません。


条件

カスタマイズ例1と同様に、「確認・入力ダイアログで「キャンセル」を押した時」を選択します。

確認・入力ダイアログアクションは「1」を指定しました。



以上で、レコードにエラーをセットするパターンのカスタマイズは完了です。