kintoneアプリのカスタマイズ特有のポイントであるルックアップは、値がコピーされた後は更新されない、という特徴があります。今回はこのルックアップをルックアップのコピー先アプリ側から常に更新するようにする、というカスタマイズをしてみようと思います。


kintoneのルックアップを更新するのは、以下のパターンが考えられます。用途に応じてそれぞれのカスタマイズをご利用ください。


Customineの基本的な事柄は、こちらの「はじめてのカスタマイズ」をご参照ください。


利用想定シーン

製品マスタをルックアップしているアプリで、レコードを編集するときには常に最新のマスタの情報を反映したい、というようなシーンを想定しています。

「毎回手動で取得をクリックするのが面倒」、などというシーンですね。


まず、アプリの構造の説明をします。ここではルックアップコピー先の自動更新をするkintoneのカスタマイズと同じ構成を利用しています。

具体的なアプリの設定は上記ページをご覧ください。

製品マスタを案件管理アプリが製品コードでルックアップしている形になります。



Customineの設定

この案件管理アプリに対して、常に製品マスタのレコードをルックアップするカスタマイズを作成します。「+」ボタンをクリックして「案件管理」のアプリを選択してから、カスタマイズの作成を始めます。


手順は以下のとおりです。

  • 「やること」にカテゴリー:フィールドの中から、「ルックアップを取得し直す」を選択します
  • 「ルックアップフィールド」はルックアップで使用しているフィールドコード「製品コード」を選択します

やることの設定は以上です。


「条件」側には以下を設定します。

  • 編集画面を表示した時
  • 一覧画面の鉛筆を押した時は「一覧画面の鉛筆を押した時は含めない」を選択しておきます。

    (※一覧画面でルックアップフィールドと、コピー先フィールドが書き換えできないのはkintoneの仕様によります。詳しくはこちらをご確認ください)

このようにすることで新規作成のあと、編集画面を開いたタイミングでルックアップを更新するようにします。


最終的には以下のようになります。


ルックアップしているフィールドの自動更新のカスタマイズは、たったこれだけです!


黄色の「kintoneアプリへ登録」をクリックして、kintoneアプリに反映させて見てください。


ブラウザをリロードした後、案件管理アプリのレコードを編集してみてください。

このように、自動的にルックアップを取得し直していると思います。


まとめ

ルックアップしているフィールドの自動更新カスタマイズは以上になります。

このカスタマイズによって、取得し忘れなどの問題が無くなるかと思います。ぜひお試しください。


もし分からないことがありましたら、フォーラムの方でご質問ください。