業務アプリで必ずと言っていいくらい利用される日付の情報は、 kintone アプリでは「日付」フィールドを利用します。入力時や編集時にクリックすると、カレンダーが出てきてそこから日付を選択し、入力することが出来ます。

これはとても便利なのですが、業務のルールに拠っては選択してはいけない曜日がある場合があります。ということで今回は、日付フィールドで選択できない曜日を設定する、というカスタマイズを作成してみたいと思います。


Customineの基本的な事柄は、こちらの「はじめてのカスタマイズ」をご参照ください。


利用想定シーン

ここでは例として、「契約開始日は平日でなければならない」という運用ルールを実現するカスタマイズを作成してみたいと思います。カスタマイズするアプリは、日付フィールドがあるアプリであればなんでも構いません。ここでは、アプリストアにある契約書管理アプリを利用してみます。


Customineの設定

それでは、この契約書アプリに対してカスタマイズをしていきます。Customine のアプリ選択画面から、契約書アプリを選択してカスタマイズの作成を始めます。もしなければ追加してから選択してください。


さて、「ある曜日の日付を選択できないようにする」のを実現するには、どのようにすればいいでしょうか?ここではシンプルに、選択された場合にエラーを出すことにします。ということで、まずはやることから設定します。


  • 「やること」にカテゴリー:エラーチェックから「フィールドエラーを表示する」を選択します
  • 「フィールド」には「契約開始日」を選択します
  • 「エラーメッセージ」には「契約開始日は平日にしてください。」などと入力しておきましょう

以上でやることの設定は完了です。

次に、このエラーチェックをいつ実行すべきかを、条件として設定します。

エラーチェックを実行する定番の一つは、保存する直前のタイミングなので、これを利用します。

以上で条件は完成です。

これで、契約開始日が土曜日または日曜日だったら、フィールドエラーがセットされることになります。


最終的にはこのような設定になります。

「kintoneアプリへ登録」をクリックして動きを確認してみてください。

まとめ

日付フィールドで指定の曜日を選択できないようにするカスタマイズは以上になります。非常にシンプルなカスタマイズですが、よくある業務ルールを簡単に実装する手段としてとても有効かと思います。


曜日の条件は平日、週末、特定の曜日が選択できますので、曜日に関する簡単な設定はこれ一つで全てまかなえます。ぜひご活用ください!


もし分からないことがありましたら、フォーラムの方でご質問ください。