今回のカスタマイズで出来ること

  • 入力した開始日と年数を元に、終了日を計算します



アプリの準備

サンプルアプリとして以下のフィールドを作成しました。


スケジュール登録

フィールド名

フィールドコード

フィールドタイプ

開始日

開始日

日付

年数

年数

数値

終了日

終了日

日付


編集画面では次のようになります。



Customineの設定

全体の流れはこのようになります。



フィールドの値が変わった時の処理

2つの「日付を計算する」で指定年数が終わる日を計算して、フィールドにセットします。

例えば、4/1が開始日なら、3/31が終了日となります。






まとめ

「日付を計算する」では、基準日はフィールドや他のアクションの結果が指定できるので、自由に計算を繋げることが出来ます。

結果を繋げて利用する際は、セット先フィールドは選択しなくても大丈夫です。