今回は計算フィールドの数値を丸めるカスタマイズをご紹介します!


例えば、単価が整数値でも数量が1.7mのような小数の場合、小計も小数になってしまいます。また、消費税も単純に計算すると小数になることが多いです。


でも、請求金額は整数にしたい・・・。

そんな時はCustomineが数値丸めをしてくれますよ!


計算フィールドの機能とCustomineを併用することで、簡単に計算をさせることができます。


Customineの基本的な事柄は、こちらの「はじめてのカスタマイズ」をご参照ください。


完成イメージ


「注文」アプリでは1回の注文につき1レコードを作成し、注文リストはサブテーブルを使って表示しています。


商品のデータは「商品マスタ」というアプリからルックアップで取得します。


各商品の数量を入力すると、商品ごとの小計が自動で計算され、続いてリストの合計金額、消費税額、税込金額も自動で計算されます。


商品ごとの小計は小数で計算されますが、合計金額、消費税額、税込金額は整数で表示されます。



アプリのフォーム


今回は「商品マスタ」と「注文」という二つのアプリを作成します。それぞれのアプリのフィールドは以下のようになっています。


商品マスタアプリ



フィールドタイプ

フィールド名

フィールドコード

備考

文字列(1行)

商品コード

商品コード

なし

文字列(1行)

商品名

商品名

なし

数値

単価

単価

桁区切り表示

単位記号:¥

文字列(1行)

単位

単位




注文アプリ



フィールドタイプ

フィールド名

フィールドコード

備考

文字列(1行)

顧客名

顧客名


日付

注文日

注文日


テーブル・ルックアップ

商品コード

商品コード

ルックアップ設定は下の画像参照

テーブル・文字列(1行)

商品名

商品名

なし

テーブル・数値

単価

単価

桁区切り表示

単位記号:¥

テーブル・数値

数量

数量


テーブル・文字列(1行)

単位

単位


テーブル・計算

小計

小計

計算式:単価*数量

桁区切り表示

単位記号:¥

計算

合計金額(自動計算)

合計金額_自動計算_

計算式:SUM(小計)

数値

合計金額

合計金額

桁区切り表示

単位記号:¥

数値

消費税額

消費税額

桁区切り表示

単位記号:¥

計算

税込金額

税込金額

計算式:

合計金額 + 消費税額

桁区切り表示

単位記号:¥



やりたいこと

  • 各行の小計の合計を算出するフィールド「合計金額(自動計算)」の数値を四捨五入で整数に直して、「合計金額」にセットする。

  • 消費税を計算し、こちらも整数に直して「消費税額」にセットする。

  • 税込金額は「合計金額」+「消費税額」なので自動的に整数になる。



Customineの設定

計算フィールドの値をコピーして数値を丸める



条件


計算フィールドの値が変わった時」を使います。 


フィールドの値を編集して値が変わった時」と似ていますが、あちらは計算フィールドを選択することができません。


また、計算フィールドの計算式の元になっているフィールドを「フィールドの値を編集して値が変わった時」で選んでも、 そのフィールドが変わった段階ではまだ計算が行われていないので、変更後の計算値を取得することができません。


「計算フィールドの値が変わった時」を用いれば、計算値が実際に変わった直後を検出することができ、計算後の値を取得することができます。


やること


数値丸めには「フィールドの値を四捨五入する」を使いますが、これは数値フィールドの値を四捨五入で丸めて入れなおすもので、計算フィールドである「合計金額(自動計算)」の数値を直接変更することはできません。


そこでまずは「フィールドに値をセットする」を使って、「合計金額(自動計算)」を数値フィールド「合計金額」にコピーします。そして「フィールドの値を四捨五入する」で数値を丸めます。


消費税の計算



先程と同様、「フィールドに値をセットする」と「フィールドの値を四捨五入する」を使いますが、今回は消費税額を計算したいので、最初にセットするときに、値を「合計金額(自動計算)*0.08」にしてセットします。


+αカスタマイズ


「合計金額」、「消費税額」は自動で計算されるフィールドなので、計算フィールドと同じように編集不可にしておくといいでしょう。

また、数値を丸める前の値である「合計金額(自動計算)」フィールドは邪魔なので非表示にしておきましょう。


編集不可設定



やること


フィールドを無効化する」を使います。


条件


追加画面・編集画面を表示した時」を使います。


非表示設定



やること


フィールドやグループを非表示にする」を使います。


条件


追加画面・編集画面・詳細画面のいずれかを表示した時」を使います。


テスト


設定が完了したら、「kintoneアプリへ登録」し、動作チェックしてみましょう。

「商品マスタ」アプリにいくつかレコードを登録し、「注文」アプリでレコード追加画面で、商品をルックアップし、数量を入力しましょう。



「小計」に小数の値があっても、「合計金額」「消費税額」「税込金額」は整数の値になりましたね!


終わりに


計算フィールドの機能とCustomineの機能を合わせれば、数値丸めに限らず、幅広い計算ができます!


Customineヘルプサポートからそのヒントを見つけましょう!。


もし分からないことがありましたら、フォーラムの方でご質問ください。