kintone アプリへ登録したカスタマイズが、上記の「Customine の空きアプリスロットが不足しています。実行が許可されません。」というダイアログを表示するのは、Customineのライセンスチェックによりアプリスロット数が足りなくなっている状態を示しています。


これは例えばアプリスロット数を減らした翌月や、プレビュー移行期間が終了した場合に発生します。以下のいずれかの方法でこの状態を解消してください。


継続して登録したカスタマイズを利用したい場合

  • フリープラン(プレビュー期間終了ユーザーも含みます)の場合:月額または年額プランへのアップグレードを検討してください
  • 月額プランの場合:アプリスロットの追加購入を検討してください
  • 年額プランの場合:より上位のプランへのプラン変更を検討してください

いずれの場合も gusuku 共通管理画面の契約管理タブより、変更依頼または追加購入が可能となっております。


Customineの契約を検討中もしくは稟議中で、一旦エラーが出ないようにしたい場合

Customineで作成したカスタマイズはそのままで、一旦上記ダイアログが出ないようにすることも可能です。ただし、作成したカスタマイズはkintone上で動作させることは出来ません。


  • こちらの手順に従って、kintoneへ登録したカスタマイズを全て削除してください
  • フリープランでは1カスタマイズが利用可能ですので、1つだけ残しておいていただいても構いません


この状態で Customine で作成したカスタマイズなしの状態になります。

フリープランにて1つだけカスタマイズを動かしたい場合には、以下の手順に従ってアプリスロットの解放を実行してください。


特定のアプリのカスタマイズだけは動かしたい場合

作成したカスタマイズの中から、いくつかのアプリだけは動かしたい場合、アプリスロットの解放を実行して、アプリの利用数を調整することが可能です。


Customineにサインイン後、ドライブ画面のメニューからアプリスロット管理を選択してください。

アプリスロットの管理画面にて、利用中のアプリの中から、「利用しないアプリ」を選択して「利用中のアプリスロット解放」を実行してください。

例:フリープランにて1つだけ実行したい場合

  • 利用したいアプリを除いて、全てのアプリを選択してアプリスロット解放を実行してください
  • もしくは、全てのアプリを開放した上で、再度ドライブ画面よりカスタマイズを開き「kintoneアプリへの登録」を実行してください

例:契約中のスロット数に収まるように調整する場合

  • 上記と同様の操作で、スロット数が契約数に収まるように、利用しないアプリのスロットを開放してください。