添付ファイルをコピーする」で添付ファイルをコピーした後は、


などの、フィールドマッピングで値のセットができ、かつ値のセット後にレコードの保存が行われるタイプのやることで添付ファイルフィールドにセットを行ってください。


下記ページでレコード再利用時に添付ファイルをコピーする例を説明していますので、こちらもご覧ください。


レコード再利用時に値クリアと添付ファイルコピー:

https://support.gusuku.io/ja-JP/support/solutions/articles/36000130980


同じレコード内で添付ファイルをコピーするカスタマイズ例:

下記の例では、1つのアプリに2つの添付ファイルフィールドがあり、コピー元フィールドにファイルを添付しレコードを保存すると、コピー先フィールドに添付ファイルがコピーされます。

※フィールド名とフィールドコードは同じに設定しています。



レコード保存後は下記のように、コピー元フィールドからコピー先フィールドに添付ファイルがコピーされます。



Customineでのカスタマイズは下記です。


やること「添付ファイルをコピーする」でコピー元フィールドから添付ファイルをコピーし、「レコードを更新する(キーの値を直接指定)」でコピー先フィールドにセットします。


添付ファイルをコピー元フィールドからコピー


やること

やること「添付ファイルをコピーする」を選択します。

コピー元添付ファイルフィールドには「コピー元」を指定しました。


条件

条件(タイミング)は「レコードを保存した直後(削除後は除く)」を選択します。

添付ファイルをコピーする」は、添付ファイルを保存したレコードが保存されてから実行する必要があります。


レコード追加画面や編集画面でユーザーが添付ファイルを追加し、保存が完了する前の状態で「添付ファイルをコピーする」を実行しても添付ファイルはコピーされません。

今回のように「レコードを保存した直後(削除後は除く)」のタイミングで実行するか、または詳細画面で実行するなど添付ファイルを添付したレコードが保存されてから処理を行うようにしてください。


コピーした添付ファイルをコピー先フィールドにセット


やること

レコードを更新する(キーの値を直接指定)」を選択します。

このやることは、下記のようにマッピングで値のセット先を指定します。

アクション番号1でコピーした添付ファイルを、コピー先フィールドにセットしています。



コピー後の添付ファイルのセットは、「レコードを更新する(キーの値を直接指定)」のような、フィールドマッピングで値をセットする形式のやる事で行ってください。

フィールドに値をセットする」などのやることでは、セット先に添付ファイルフィールドを選択できません。


条件

添付ファイルのコピーが完了してからセットを行いたいので「他のアクションの実行が完了した時」を選択します。

アクションは、添付ファイルのコピーを行うアクション「1」を指定します。



以上で、添付ファイルのコピーとセットは完了です。


マッピングで値をセットするタイプの「やること」について:

やること「フィールド値をまとめてセットする」はフィールドマッピングで値のセットができますが、フィールドに値をセットするだけでレコードの保存は行わないため、添付ファイルのセットには使えません。

ご注意ください。