レコード保存直後に自動採番

レコード保存前に自動採番をする場合、必須エラーなどで保存に失敗すると番号が飛んでしまいます。採番は抜け番号のない連番である必要はないのですが、なるべく揃った番号にしておきたい場合はレコード保存直後の採番処理をオススメします。



今回のカスタマイズで出来ること

  • レコードが正常に保存出来た場合に、採番フィールドが空欄なら自動で採番します


アプリの準備

採番したいアプリに以下のフィールドを1つ追加します。


フィールド名

フィールドコード

フィールドタイプ、他

採番番号

採番番号

文字列




Customineの設定

全体の流れはこのようになります。



レコードを保存した直後(削除後は除く)

採番番号が空欄の場合だけ自動採番を行います。その次にレコードの更新をして、取得した番号を採番番号にセットします。


追加・編集画面を表示した時の処理

採番番号のフィールドを編集できないように無効化します。一覧画面も同じように無効化する必要があるので、「一覧画面の鉛筆を押した時」を「一覧画面の鉛筆を押した時も含める」にします。




再利用モードで追加画面を表示した時の処理

追加画面の場合は採番番号の値は未入力なので問題ないのですが、レコードを再利用した場合は元レコードの値がコピーされてしまいます。

そのため、再利用の場合だけフィールドクリア処理を追加します。



まとめ

レコード番号を利用した採番の場合、アプリのデータを移行する場合に移行先のレコード番号と一致せずに一意性が崩れる場合があります。

そのため、採番時にはレコード番号を使わないようにしましょう。