通常だと、ルックアップをした時に登録がなかった場合は、ルックアップのコピー元アプリを開いてレコードを追加した後に、再度ルックアップのコピー先アプリに戻ってルックアップを取得しないといけません。


そこで、コピー先アプリから、コピー元アプリにレコードを追加するボタンを追加してみます。



今回のテンプレートで出来ること

  • ルックアップのコピー元アプリにレコードを追加できます


アプリの準備

ルックアップのコピー元アプリを「顧客マスタアプリ」、ルックアップのコピー先アプリを「訪問記録アプリ」として作成します。


今回は、ルックアップのコピー元である「顧客マスタアプリ」に以下のフィールドを作成しました。


フィールド名

フィールドコード

フィールドタイプ、他

顧客コード

顧客コード_コード

文字列、重複禁止

顧客名

顧客名_コード

文字列

種別

種別_コード

ラジオボタン

電話番号

電話番号_コード

リンク

住所

住所_コード

文字列



スペース
(要素ID:add)





ルックアップのコピー先である「訪問記録アプリ」には、値をコピーするフィールドに加えて 訪問記録 というフィールドも作成しておきます。



ルックアップフィールドは次のように設定します。

Customineの設定

全体の流れはこのようになります。




追加・編集画面


スペース(add)にボタンを配置するのと、ルックアップでコピーされるフィールドを有効化して入力できるようにします。




ボタンを押した際の処理


ボタンが押された場合は、最初に読み込み中画面を表示します。その後に同一キーのレコードが存在するかを確認するためにレコードを取得します。



同一キーのレコードがあった場合の処理


取得したレコードがあった場合は、エラーダイアログを表示して終了にします。


レコード追加処理


取得したレコードがない場合は追加します。追加後は読み込み中画面を終了するのを忘れないようにしてください。




なお、「レコードを追加する」のマッピングはこんな感じになります。






まとめ

ボタンを押すことで他アプリへレコードを追加出来るのと、その際に重複チェックをするという処理が出来ました。


処理を簡素化するためにエラーチェックは最小限となっていますので、用途に合わせて変更をしてください。