Customineを既にご利用のユーザーを別の組織に追加しようとした場合、下記のようなメッセージが表示されます。



ユーザーは、同時に複数の組織に所属することはできません。

また、Customineをご利用中のユーザーを他の組織に登録するには、既存の組織でそのユーザーのカスタマイズをすべて削除する必要があります。


たとえば組織AでCustomineを利用中のユーザーを組織Bに追加したい場合、追加する前に下記の対応を行う必要があります。


  1. 組織Aのそのユーザーのカスタマイズの中で、組織Bに持っていきたいカスタマイズをファイルに書き出し ※

  2. 組織Aでそのユーザーのすべてのカスタマイズを削除

  3. 組織AのCustomineの「kintoneアプリ管理」から、すべてのkintoneアプリの登録を解除(kintone側でアプリを削除する必要はありません)

  4. 組織Aでユーザーのアカウントを組織メンバーから削除


※ 組織Aでそのユーザーが作成したカスタマイズを組織Bでも使いたい場合にのみ行います。


処理手順:

1)別の組織に持っていきたいカスタマイズをファイルに書き出し

カスタマイズのファイルへの書き出しは、ドライブ画面または各カスタマイズの編集画面で行うことができます。

カスタマイズの件数が多い場合は、カスタマイズが一覧されているドライブ画面からの書き出しが便利です。


ドライブ画面のカスタマイズ一覧から、書き出したいカスタマイズの右端にあるメニューを開き「カスタマイズをファイルへ書き出し」を選択し、ファイルに保存します。



2)ユーザーのすべてのカスタマイズを削除

ユーザーのすべてのカスタマイズを削除します。

カスタマイズの削除についても、ドライブ画面または各カスタマイズの編集画面で行えますが、こちらも件数が多い場合はドライブ画面での作業が便利です。


なお、どのユーザーのカスタマイズかわからない場合は、ユーザー名(またはメールアドレス)がカスタマイズ名の下に表示されていますのでご確認ください。



ドライブ画面のカスタマイズ一覧から、書き出したいカスタマイズの右端にあるメニューを開き「削除」を選択します。

確認のダイアログが表示されますので、内容を確認し問題なければ「OK」を選択してください。



3)Customineの「kintoneアプリ管理」から、すべてのkintoneアプリの登録を解除

すべてのkintoneアプリの登録を解除します。

なお、ここで解除するのはあくまで「Customineに登録されたkintoneアプリの登録情報」です。

誤ってkintone側でアプリを削除しないようご注意ください。


ドライブ画面の左上にあるメニューを開き、「kintoneアプリ管理」を選択します。



アプリ管理画面がポップアップしますので、各アプリの右側にある「×」をクリックし、すべてのアプリの登録を解除します。


4)元々所属している組織でユーザーのアカウントを組織メンバーから削除

ドライブ画面右上の「gusuku共通管理」のリンクを開き、組織管理画面を表示します。


組織メンバー一覧から、別の組織に登録したいユーザーの右にある「×」をクリックし、アカウントを削除します。



以上で準備は完了です。

再度、別の組織へのユーザ追加をお試しください。


(参考)書き出したカスタマイズの読み込み手順:

あらかじめ書き出しておいたカスタマイズを、1アプリずつ読み込みます。


1)空白のカスタマイズ作成

ドライブ画面で「空白のカスタマイズ作成」をクリックし、カスタマイズを読み込みたいアプリを選択または追加します。



一覧にアプリがあれば選択し、なければ最下部までスクロールして「追加」を選択します。

その後の画面でアプリをチェックし、追加してください。

アプリを選択できたら「選択決定」ボタンをクリックし、カスタマイズ画面に移ります。



2)カスタマイズファイルの読み込み

カスタマイズ画面の左上にあるメニューを開き「カスタマイズをファイルから読み込み」を選択します。

あらかじめ保存しておいたカスタマイズファイルを指定し、読み込んでください。



以上で、カスタマイズファイルの読み込みは完了です。